信用取引講座信用取引で証券会社比較>信用取引におすすめの証券会社比較ランキング

信用取引におすすめの証券会社比較ランキング

信用取引におすすめの証券会社比較ランキングでは、信用取引を中心としたトレードを行う上でおすすめのネット証券・証券会社について、それぞれの総合力を評価しながら、ランキングしていきます。

ランキング1位:ライブスター証券

ライブスター証券は信用取引におけるコスト(手数料および金利面)で大変優れているネット証券です。信用取引手数料は84円(300万円超なら無料)となっており、信用金利も2.3%とネット証券でも最安値水準で提供しています。
さらに口座開設から2ヶ月間はすべての取引の手数料が無料となるキャンペーンも行っています。
>>ライブスター証券についての詳細情報

お薦めのポイント

信用取引の手数料が一律84円と格安。さらに信用金利も2.37%と非常に安いのが特徴。さらに、口座開設から2ヶ月間は全取引が手数料無料と取引コスト全般に強みがある証券会社です。

もうちょっとなポイント

手数料以外の投資情報・サービスなどの面は大手ネット証券と比較するとやや弱い印象。それを補ってあまる手数料の魅力がある証券会社。

信用取引手数料 買い方金利 貸株金利 一般信用空売り
84円(一律) 2.37% 1.15% 不可

信用手数料は、100万円取引時。買い方金利・貸株金利については制度信用取引のものを表記しています。

 

ランキング2位:SMBC日興証券

SMBC日興証券の信用取引サービスの特徴は「ダイレクトコース」を選択しておけば株式の委託手数料(売買手数料)が完全に「無料」となる点です。 ダイレクトコースは株式の売買等をオンライン(パソコンや携帯電話)中心に行うというもので、他のネット証券のサービスと変わりありません。手数料無料なので売買が活発なトレーダーにお勧めの証券会社です。
>>SMBC日興証券についての詳細情報

お薦めのポイント

最大のポイントは「信用取引手数料が無料」という点です。どれだけ売買してもタダはすごい。金利水準も最安値というわけではないですが、低めです。

もうちょっとなポイント

信用取引以外の株取引(現物株取引)の手数料体系は大手証券だけあって、高いです。現物中心に売買するならあまりおすすめできないかもしれません。
でも現物株取引の手数料は、最低135円ととてもお得なので、信用取引をベースに現物取引を行うのであればよいかもしれません。

信用取引手数料 買い方金利 貸株金利 一般信用空売り
無料 2.67% 1.15% 不可

信用手数料は、100万円取引時。買い方金利・貸株金利については制度信用取引のものを表記しています。

 

ランキング3位:GMOクリック証券

GMOクリック証券は信用取引における総合コスト面で非常に強みのあるネット証券です。取引手数料は500万円まで:100円(税込)、500万円超:無料。さらに、信用取引にかかる信用金利(買方金利や貸株料)なども安めに設定されています。投資情報という面ではやや不足しがちですが、取引専用のネット証券としては非常に使い勝手の良いネット証券といえるでしょう。

オススメのポイント

手数料・金利ともに安い。

ウーンなポイント

投資情報などが他のネット証券よりも不足

解説ページ

GMOクリック証券についての詳細情報

公式ホームページ

GMOクリック証券公式ホームページ

 

ランキング4位:マネックス証券

マネックス証券は、大手ネット証券の一角です。WEB申し込みで最短3日で信用取引口座を開設することができます。信用取引手数料は現物株式と同様です。1日定額手数料の場合、現物・信用を合算して計算できるというのがメリットといえます。

オススメのポイント

総合的なサービス力。取引ツールでリスク管理。

ウーンなポイント

手数料がやや高め。

解説ページ

マネックス証券についての詳細情報

公式ホームページ

マネックス証券公式ホームページ

 

ランキング5位:SBI証券

総合的なバランス力ではNo1です。信用取引だけを考えた場合には、維持率の面でやや難がありますが、取引コストや投資情報サービス、取引ツールなど充実しています。また、グループの住信SBIネット銀行にも口座を持ちハイブリッド預金を活用する事で信用取引のため委託証拠金に預けても利息が貰えるといううれしい付加特典もあります。

オススメのポイント

総合的なサービス力。手数料の安さ。

ウーンなポイント

委託証拠金維持率の面でやや厳しめ。

解説ページ

SBI証券についての詳細情報

公式ホームページ

SBI証券公式ホームページ

 

ランキング6位:カブドットコム証券

カブドットコム証券の魅力はなんといっても、一般信用取引で空売りができるという点に尽きます。手数料面などでは他のネット証券と比較してやや高めとなっていますが、一般信用でのアドバンテージが大きいと思います。空売りをしないという場合でも空売りができるというオペレーション上の選択肢を持っておくことは非常に重要だと思います。

オススメのポイント

一般信用取引で空売りができる。

ウーンなポイント

特に無し。

解説ページ

カブドットコム証券についての詳細情報

公式ホームページ

カブドットコム証券公式ホームページ

 

ランキング7位:楽天証券

総合的なバランス力は非常に高いです。信用取引で考えた場合、ネット証券の中でも最もレバレッジを効かせた効率的な投資が可能(委託証拠金率が30%、委託証拠金維持率20%)な上、手数料も安いです。マーケットスピードという投資情報ツール兼トレーディングソフトは、原則として無料で利用できる上性能も非常に高いです。

オススメのポイント

総合的なサービス力。マーケットスピード(ツール)

ウーンなポイント

特に無し

解説ページ

楽天証券についての詳細情報

公式ホームページ

楽天証券公式ホームページ

 

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券は「証券のプロがインターネットを活用してつくる証券会社」として設立されたネット証券です。証券のプロという名前の通り、株式売買(トレード)がしやすい環境・ツールは高く評価されています。また、手数料についても信用取引やオプション取引などの手数料などもかなり安い水準となっています。
>>岡三オンライン証券についての詳細情報

お薦めのポイント

手数料・金利ともに安い。トレードツールが人気。

もうちょっとなポイント

 

信用取引手数料 買い方金利 貸株金利 一般信用空売り
400円 2.80% 1.15% 不可

信用手数料は、100万円取引時。買い方金利・貸株金利については制度信用取引のものを表記しています。